Wellness Policy
ウエルネス経営宣言

私たちは『常に変化と成長を続け顧客と社会に革新をもたらす』を企業理念として掲げ、お客様と共に、社会と共に、Sustainable Innovation Servicesをつくり上げて来ました。

これは共に働く社員やパートナーの皆さんによる、日々たゆまぬ努力の賜物であることは言うまでもありません。これからも安心して意欲的・創造的に働いていくため不可欠なのが「ココロとカラダのウエルネス」と考えます。

ひとりひとりが自分のコンディションを整え、自在にパフォーマンスを発揮できるよう、グループを挙げてこれまで以上に働く場や仕組みづくりに取り組み、私たちらしいウエルネス経営を追求していきます。

テーマは『ウエルネス for サスティナビリティ』。働く人が持続的に成長するからこそ、お客様、社会にベストソリューションを提供し続けることができます。その積み重ねが会社の成長につながります。

そして大切にしたいのは、決して一律のウエルネスや健康を押しつけないこと。お互いの違いを認め合い、各々が自らの意志でベストコンディションを知り保つための、後押しや下支えを基軸にしていきます。

多様性と寛容性に開かれ、明るくいきいきとしたウエルネス経営を目指します。

令和元年 6月 1日
グロースエクスパートナーズ株式会社
代表取締役(グループCEO)渡邉 伸一

ウエルネス経営推進体制

  • トップのコミットメントのもと、経営企画部門、管理部門、広報部門が協働し自主的に「ウエルネスプロジェクト」を発足。
  • ウエルネスプロジェクトが中心となり、社員やパートナー自らのコンディション把握とウエルネスの実現を後押し。
  • ウエルネスプロジェクトの活動は、関東ITソフトウェア健康保険組合、社内衛生委員会、産業医と積極的に連携。
  • ウエルネス施策の実施に自己満足することなく、現実と乖離し硬直化した施策展開にならないよう社内の声を尊重。

主なウエルネス施策

  • 管理部門による社員個々の健康診断スケジューリング(受診率100%)
  • ストレスチェック100%実施
  • 産業医による定期相談
  • 定期的な社員意識調査
  • 低カロリー飲料自販機の設置
  • 毎日のコンディションを共有する「デイリーレコーディング」
  • ウエルネス意識を喚起する「ウィークリー・アンケート」
  • 興味や特技で世代や組織を超えて交流する場と機会を生み出す「部活動」

認定資格

8月5日 健康優良企業「銀の認定」を取得しました(健銀第819号)

健康優良企業