de:code参加しました!

はじめまして!
初投稿になります。GxPのみきれです!

5/29・5/30にMicrosoft社のイベント「de:code2019」に初参加しました!
前回参加した方によると、大量の人で事前にどのセッションに参加するか計画してないと参加できなくなる可能性があるとか…

そこで、計画性の無い自分が事前にスケジューリングしてみました。

二日間で総計200弱のセッションが行われる中、自分が選んだのはこれ!
(一部タイトルは簡略化しています)

1日目

  • 基調講演
  • しくみがわかる Azure Kubernates Service
  • がんばらないVue.js
  • モバイルアプリ、SPA?ネイティブ?UX/UIの違いと技術選択のポイント
  • Xamarin.Forms アプリケーション設計パターン
  • 頑張らなくてもC#でSPAがかけてしまう「Blazor」とは
  • AWS 技術者向け Azure サーバレス

2日目

  • DevSecOps 時代のログ マネジメントとセキュリティ
  • 脆弱性はなぜ生まれ、どのように攻撃されるのか
  • 実践!AzureDevOpsで実現するアジャイル開発
  • 進化するAzureインフラサービス2019年最新情報を50分で一気にチェック
  • 20分で速習 コンテナの基本と使い所
  • Azureをフル活用したサーバレスの潮流について
  • AWS技術者向けAzure サービス開設 de:code2019版
  • エンジニアの人生設計~どのようにキャリアを描いていけばよいのか~

う~ん、びっしり!笑
はたして計画通り回れるのか…!
※内容は公開されているものが多いのでこの記事ではほとんど触れません。

そして始まった1日目

受付開始が8:30だったので9:00くらいに到着して受付。
基調講演が9:30~だったので、30分前到着で問題ないでしょくらいに思っていたのですが早速満員!

最初は基調講演しかないので別ルームに案内されてスクリーンに映されている講演を見ることに。

少しスケジュールより押していたので基調講演を途中で退出したのですが既に行列が…!
そして基調講演が終わると続々と人が出てきて通路を埋め尽くしてしまいました。

通路を埋め尽くす人の多さ!

早めに出て良かった…なんとか予定通りのセッションに参加できました。

その後も順調にセッションに参加して、最後から二つ目のセッションに参加したのですがここで恐れていたことが…

一番最後とその前のセッションの間隔が一番短く10分前に抜けたのですが、10分前では既に遅かった。。
既に満員で入れず、仕方なく別のセッションで立ち見をしました。
(まぁこのセッションも良かったので最終的には満足だったのですが)

こうして一日目が終了。
事前に教えてもらえなかったら、何個逃していたことか…
いいアドバイスをもらえたことに感謝です!

この日も予定は割とびっしりなので早めの行動を心がけます。

2日目へ

1日目は写真を撮るの忘れてしまったのですが、お昼ご飯は12時くらいのセッションに参加するともらえます。

途中、時間に余裕があったので配られているドーナツももらえました!

この日も順調に進んでいたのですがやはり後半にきて問題が…
同じくde:codeに参加していた後輩から最後に参加予定だったセッションが1時間前にして既に並び始めていると連絡が!
この連絡を受け、一つ前のセッションには参加せず並びました。
どうやら人気のセッションだったらしく、並んだ直後に立ち見の案内が出ていました。

de:code終了!

こうして初めてのde:codeは幕を閉じました。
全体的にAzureを絡めた話しが多かった印象です(Microsoft社なので当然ですが)。

自分自身、案件で多少AWSに触れているのとAzureを使ったことがないという知識経験も浅い状態での参加でしたが、どのセッションもわかりやすく説明されていて、「なるほど」と納得できる場面が多々ありました。

また、スケジュール管理は専用アプリがあったので非常に管理しやすかったです。
セッションを選ぶときに話しのレベル(初級者向け・中級者向け)でフィルタすることもでき、非常に使い勝手が良かったです。

行ったことが無いという方は是非行ってみてはいかがでしょうか。
とても良い刺激になりました。
その際は、事前のスケジューリングは忘れないように!

ABOUTこの記事をかいた人

2015年入社。プログラミングとかやってます。 休日は家でゲームしてたり、出かけるのも好きだったりする。

NEW POSTこのライターの最新記事