スタディハック!Vol.12

こんにちは、GWずっとごろごろ過ごしていたので、すっかり体重が増えてしまったヨネです。

本日は、GxPグループのエンジニアを中心に、普段の勉強方法仕事をする上で心掛けていることをインタビューする「スタディ・ハック!」第12弾をお届けします!

今回のスタディハックは、
グロースエクスパートナーズの創業時メンバーであり、ロングヘア&軍パンがトレードマークの石橋さんにインタビューです!


GxP石橋さん
テクノロジープラットフォームユニット所属

山梨大学出身。小学生の頃に友達が持っていたパソコンに興味を持ったことがきっかけで、8bitPCを買ってもらい、プログラミングをはじめる。大学では情報処理系学科に進み、大学院ではロボット工学を専攻。ソフトウェアを作る仕事に興味があったので、大学の友人たちがアルバイトをしていた会社に入社し、そこで渡邉さん(GxPグループ代表取締役)と出会う。その後、グロースエクスパートナーズ立上げ時からメンバーとなる。

まず最初に、石橋さんが所属するGxPのテクノロジープラットフォームユニットってどんなユニットですか?

GxP石橋
GxPはチーム開発なので、基本的に所属するユニットとお客さまが紐づいていますが、テクノロジープラットフォームユニット(TPU)は外国人助っ人選手のような遊撃部隊で、メンバーは色々なプロジェクトにスポットで入ったり、技術検証をしています。

私の主な業務は実装がメインで、ソフトウェアの初期構築をしたり、プロジェクトがはじまる前に先行して技術検証をしたり、実験的なことをする場合が多いです。

働くスタンスは?

GxP石橋
状況に合わせてというスタンスで、残業についても必要があればするという感じです。何時間までとかも特に決めてないです。GxPは頑張って残業しまくって解決することを善しとしない文化があるので、遅くまで残業することはあまりないです。私は成果重視型の働き方ですが、月の平均残業時間は40時間いかないくらいだと思います。深夜残業や徹夜はないです。
ccヨネ
GxPは誰かが頑張って残業して解決するような力技は選択しない方向なんですね。
GxP石橋
はい、マネージャーの方々が調整してくれたり、出来るだけ残業しない解決法をチーム内でも考えるので、そもそも残業要請自体がなかったりします。個人に依存するのではなく、チーム一丸で問題を解決していく感じですね。

普段の勉強法は?

GxP石橋
勉強する時間帯としては平日夜と休日ですが、何曜日の何時にやるとか、何時間やるとかは決めていません。

普段は、書籍やネット上のドキュメントで勉強していますが、まとまった知識が得られる書籍があれば書籍で勉強して、その中でわからないことや詳しく知りたいことが出てきたら、ネットで検索するというパターンが比較的多いです。
技術的なものは、ひたすら読むよりも手を動かしながら進める方が好みです。

ccヨネ
直近で購入した書籍や、勉強中の技術などあれば教えてください!
GxP石橋
後の質問でも触れますが、「ゼロから作るDeep Learning」という本を最近読んでます。実際に手を動かして作ってみるAIの本なので、面白いです。

新しい技術情報はどうやってキャッチしてますか?

GxP石橋
情報収集のための活動というのはあまりしてないです。たまにネットのニュース記事を読むくらい。
普段の社内での会話や仕事の資料、読んだ書籍に出てきて気になった単語をとっかかりに関連する事柄を調べていくことが多いです。積極的に自ら調べにいくというより、目に入ったものを技術的に使い物になるのか検証したりする感じです。
ccヨネ
GxPは技術ネタを発表し合う『TechTalk』のイベントがあったり、技術情報やイベント開催情報のまとめがコンフルに展開されたり、社内の技術情報の共有が活発ですよね。新しい情報に敏感なメンバーたちがslackの勉強会チャンネルにも積極的に情報共有してくれるから、勉強ネタには困らなそうですね。
Confluenceに毎月UPされるGxPの技術情報ネタページをチラ見せ。
GxPグループメンバーは誰でも閲覧できます!

いま一番はまっている技術や関心事は?

GxP石橋
現在は社内のAIに関する勉強会に参加していて、ディープラーニングを中心にAIに関する技術の習得に注力している感じです。前述で紹介した「ゼロから作るディープラーニング」を各自自習しつつ、ディープラーニングがどういうもので、何ができるのかを学んでいる段階です。
ccヨネ
勉強会のメンバーみると、テクノロジープラットフォームユニットのメンバーから、若手メンバーまで幅広く参加している勉強会なんですね!

仕事をする上で心掛けてることは?

GxP石橋
自分だけでやるタスクよりも他の人が関わるものを優先しています。他の人に質問や相談をされたときは、自分の作業よりもそちらを優先したいと思っています。
ccヨネ
私も昔は「石橋さん!助けてくださいーー!(涙)」ってよく駆け込み寺的な感じで石橋さんに質問に行ってましたが、その節は大変お世話になりました。。いつもすぐ質問に答えてくれるので本当に助かってました。
GxP石橋
自分に相談にくる場合って、おそらく比較的緊急度が高いんだろうなと推測して・・出来るだけ早く対応するようにしています。きっと困っているんだろうなと思って。
ccヨネ
社内に専門的な知識を持ったメンバーが多いし、グループ内で所属する会社にかかわらず、相談しやすい雰囲気があるのはうちの良いところですよね!

最後に一緒に働きたい人物像を教えてください。

GxP石橋
どんな人と働きたいというのは今まで特に考えたことはなかったです。
質問の意図とは異なるかもしれませんが、雑なところがあるので細かいところに気がつく人がいてくれるとありがたいとは思います。
ccヨネ
インタビューありがとうございました!

石橋さんは、グロースエクスパートナーズの取締役であり技術統括の北條さんの大学の後輩だそうで、若手の頃にエンジニアの土台となる考え方の多くを北條さんから学んだそうです。その頃から一緒に働いているメンバーが当社には何人かいるので、石橋さんと話していると社史を聞いているようで面白かったです。

では、次のスタディハックもお楽しみに!

20

ABOUTこの記事をかいた人

社内でも謎に包まれているCC室に所属するヨネです。模型をこよなく愛し、社内報の表紙に使う模型はほとんど私が手作りしてます。CCがなんの略か未だに分かりませんが、社内のデザイン業務を色々やってます。