先輩に聞いてみた!Vol.2

こんにちは、CC室ヨネです。

普段、疑問に思っていることや、困っていることを気軽に先輩に質問する先輩&後輩対談企画「先輩に聞いてみた!」の第2弾です。

今回は、グロースエクスパートナーズの管理部に所属する高橋さんとアヲキさんのお二人に対談していただきました。

後輩: アヲキさん
昨年、管理部に異動した入社3年目。
いつも明るく元気いっぱい行動派。

先輩: 高橋ちゃん
管理部で営業事務を担当中。
アパレル業界からIT企業に飛び込んだ異色の経歴の持ち主。

インタビュア: CC室ヨネ
社内のデザイン業務やWEBサイト更新などを担当。

そもそも、なぜふたりはGxPグループに入社しようと思ったの?

aoki
入社を考えたのは、2Dayインターンシップに参加した時にコミュニケーション能力をほめられたのがきっかけです。姉がエンジニアをやっていたので以前からその姿は見ていたのですが、私自身はIT業界なんてまったく想像できない世界でした。

でも、自分が関わったことのない新しい業界に興味があったので、IT業界で文系でも入れそうな会社を探していた時に、GxPグループの2Dayインターンシップを知り、参加してみた感じです。

正直言うと、IT業界に入って何か明確にやりたいことがあったわけではなかったので、面接の際に「GxPに入ってどういう社員になりたいか、どんな貢献ができそうか」と聞かれた時は、「会社を元気に、明るくします!」と答えた覚えがあります。

私はキャラで採用していただいた感じですね(笑)

yone
IT業界というと、ずっとパソコンに向かって仕事をしていて、少し暗いイメージがあるかもしれませんね。。
takahashi
私は、前職でアパレル業界にいて販売の仕事をしていましたが、その頃からもくもくと売り上げを出すような裏方仕事が好きで、接客より事務職の方が自分には向いてるんじゃないかと思い、当社に転職しました。

前の会社は従業員が多くて、まともに社長に会ったこともなかったのですが、GxPグループは社員の顔が覚えられる規模感で、社長や上司とも気軽に雑談できる距離感が良いなと思って入社を決めました。

あと、入社の際は総務として採用していただきましたが、希望すれば営業事務や伝票処理など色々と経験させてもらえる環境がある点も魅力でした。

yone
なるほど。二人ともIT業界は初だったということですね。ちなみに私も前職は模型会社で全然違う仕事をしていました。GxPグループでは他業界や他職種から転職してきた方が結構いますよね。

それでは先輩に質問!

質問その1)仕事をしていて楽しい!と思う時はどんな時ですか?

aoki
私は管理部に異動して、ようやくバックオフィスで働く楽しさを分かってきた感じなのですが、高橋さんは仕事をしていてどういう時に楽しい!と感じますか?
takahashi
管理部の仕事って、テニスに似てるなと思っていて、依頼がきたら出来るだけ早く、正確に、”良いところ”にボールを打ち返さないといけないんですよね。

自分から仕事を取りに行く職種でもないので、自分にきた仕事をもくもくと正確に打ち返していくんですけど、良いところに打ち返せた!と思えた時は楽しいですね。「ありがとう」と言ってもらえるような仕事ができた時は、役に立ててるんだなと嬉しい気持ちになるし、早く正確に対応できた時は、自分の中でポイントゲット!と思ってモチベーションを上げています(笑)

質問その2)業務でテンパってしまった時はどうしていますか?

aoki
高橋さんはリモート勤務をしていて、業務でテンパってしまった時はどうしていますか?
takahashi
もう何から手を付けていいか分からない時は、とりあえずやるべきことを紙に書きだして、それを一つずつこなしていく感じですね。

でも、どうやれば良いかやり方が分からなくてテンパった時は、すぐ分かる誰かに聞いてます。もちろんある程度は自分で調べますが、自分より分かっている人がいる場合は、一人で悩んでる時間がもったいないので、すぐ電話して聞くようにしていますね。

質問その3)仕事をする中で、大切にしていることは何ですか?

aoki
高橋さんの仕事の流儀を教えてください!
takahashi
私は自分自身の能力をあまり信用していないので、「気が緩むと必ずミスをするぞ!」と思って常に奢らず、自分の能力を疑うようにしています。

あと、他のメンバーが体調悪い時や忙しい時に、早く気づいて業務がスムーズに回るようにサポートできるようになりたいと思っているので、視野を広く持つように心掛けています。

aoki
高橋さんはいつもは元気にはきはき仕事をこなしてる印象がありますが、今日は仕事のスイッチが入らない!なんて日はないんでしょうか?
takahashi
朝遅刻するのが嫌で早めに準備しているので、出社した時点で仕事モードに切り替わってる感じです。なので、朝スイッチが入らないってこと自体ないですね。。リモート勤務になって遅刻を気にしなくていい分、いつもより余裕をもって仕事に取り組めているなと思います。
yone
青木さんは結構マイペースなイメージありますが、スイッチが入らない時はどうしていますか?
aoki
学生の頃、野球部のマネージャーをしていた時は45分前行動を常に心がけなくてはいけなかったこともあったのですが、社会人になってからはスイッチが入らない時は無理せず、省エネモードで好きな仕事を進めるようにしてます。

ふたりの今後の目標は?

yone
最後にお二人の今後の目標を教えてください!
aoki
管理部に異動する前は、たくさん機会を与えてもらって日々勉強という感じだったので、正直将来のキャリアとか考える余裕がなかったんですが、今年で私も4年目に突入するので、今後自分がどうキャリアを積んでいくべきか、考えること自体が今の目標です。

バックオフィス業務はどの会社にも共通してある業務だし、会社の根幹を学ばせてもらえる楽しさがあるので、管理部でどの道に進んでも良い経験になるだろうなと思います。

takahashi
明確な目標というわけではないですが、日々仕事の精度を上げていくことが目標ですかね…。積極的に検定などにも挑戦して、専門知識をより深めることで”レシーブ力”を高めていけたら良いなと考えています。
yone
お二人ともありがとうございました!

今回はあまり表舞台に出ることのない管理部のお二人に対談していただきましたが、いつも細やかな気遣いで会社を支えてくれる管理部の皆さんには感謝の限りです。

では、次回もお楽しみに!

12

ABOUTこの記事をかいた人

社内でも謎に包まれているCC室に所属するヨネです。模型をこよなく愛し、社内報の表紙に使う模型はほとんど私が手作りしてます。CCがなんの略か未だに分かりませんが、社内のデザイン業務を色々やってます。