在宅ご飯

すっかり秋らしい雰囲気になってきましたね。
在宅勤務をはじめてから約半年がたちますが、、、皆さん、在宅中のご飯はどんな工夫をされていますか?

「一週間分の常備菜を作る!」という料理上手さんもいる一方、「最初のうちは自炊をしていたけれど、最近は完全コンビニになりました(笑)」「時間もないので冷凍パスタが日課です…」など、ちょっとランチ作りに疲れ気味の方も。
一人暮らしの方は特に簡単に済ませることが多くなっているようです。

そんな話をしていたら「紺や」(※)の石塚さんと牛島さん、セキグチさんから炊飯器で出来る簡単レシピを教えていただきました!

「紺や」直伝、簡単炊き込みご飯

炊飯器で簡単炊き込みごはん!

【材料】

  1. お米 …2合
  2. 薄口しょうゆ …大さじ約1.3(20ml)
  3. みりん …大さじ約1.3(20ml)
  4. 和風だし …適量
  5. 水 …300ml(お持ちの炊飯器の2合の水分量で)
  6. お好みの炊き込みの具材

ポイント …薄口しょうゆ:みりん:水=1:1:15の割合

炊き込みの具材はなんでもOKです。コーン缶、シーチキンなどの缶詰も!缶詰の場合は缶詰の水分も一緒にいれてくださいね。
その他、鶏肉とレンコンなどお好きな具材をいれて炊飯器(土鍋)のスイッチオン!で終わりです。

出汁の作り方さえ覚えてしまば、色々アレンジできそうですね!

ご飯は翌日も美味しくいただけますが、それでも余ってしまった場合は、卵を足してチャーハンにしても美味しくいただけるそうですよ👍

炊飯器で簡単サラダチキン

セキグチさんからはサラダチキン(蒸し鶏)のレシピを教えていただきました!コンビニでも大人気のあのメニューが家でも簡単にできるんですね。

お家でサラダチキン!

【材料】

  1. 鶏むね肉:1枚
  2. 塩こうじ:大さじ:2
  3. 塩コショウ:適量

【作り方】
・鶏むね肉をまんべんなくフォークでさす
・ジップロックに鶏むね肉と塩こうじ、塩コショウを入れて軽くモミモミ
・空気を抜いて封をして冷蔵庫で一晩寝かせる
・炊飯器にジップロックを入れ、浸るくらいのお湯を入れて「保温」スイッチをオン(ジップロックの閉じ口を炊飯器の蓋で挟むなど、ジップロックにお湯が入らないよう工夫)
・1時間したらジップロックを引き上げる
・透明な肉汁が出ていたら出来上がり

炊飯器の保温だと火加減とか見なくていいので、前日に仕込みをして、ランチの1時間前に入れておけばバッチリですね!
まとめて作っておけば常備菜にもなるので、添える野菜やドレッシングを変えて楽しめそうです。

簡単一行レシピ!!

セキグチさんのお嬢さんが大学生なのですが、若手の皆さんと食の嗜好が似ているかな?と思い、簡単レシピを教えていただきました🙌

「ナスを水にさらして焼いて味噌・醤油・砂糖・みりん=1・1・1・1のソースかける簡単味噌ナス美味しいよ」

ご飯にも合いそうですし、おつまみでもお酒がすすみそうです。

面白レシピ本も

紺やの牛島さんからは面白い本のご紹介も!
「これならお料理が苦手な方でもできるなか?」とレシピ本を探してきてくれました。(優しいっ!!)

『ひと口で人間をダメにするウマさ!リュウジ式 悪魔のレシピ』です!

内容は…レンチンだけの簡単レシピやちょい足しレシピが。しかも低糖質なメニューで在宅でわがままボディになった人には嬉しい内容です。

例えば「たまねぎのコンビーフボム」。玉ねぎに十字に切り込みを入れて、コンビーフを詰めて7分チン。黒コショウをかけて完成!?簡単ですね!
ビールのおつまみにも合いそうです🍺

石塚さん、牛島さん、セキグチさん、ありがとうございました!
さっそく試してみたいと思います。
他にもたくさん教えていただいたので、第2弾でまたご紹介できればと思います😊

でもやっぱり、本格和食の美味しいものが食べたい!という方は是非「紺や」へ!
今まではコースをメインでしたが、現在はアラカルトも提供しています。出社した際は帰りに寄ってみてください。

※弊社が運営する飲食店「新宿 紺や」(創作和食)




12