G’sFriends 社員の友達バトン

連日うだるような暑さですが、皆さんは夏バテしてないでしょうか?
私は熱中症対策に梅干しを毎日1粒食べて気を付けています。

本日は、いままで社内報の紙面で連載していた社員のお友達紹介ページ「Gplus」をご紹介したいと思います!

この企画は、社員にお友達の紹介文を書いてもらい友達の輪を繋げていくものなのですが、飲み友だったり、趣味友だったり、GxPグループの濃いメンバーたちの一面が垣間見れて、社員の私も楽しみにしている企画です。

G+WEBでは、中途半端なスタートになってしまいますが、、
前回7rulesにご登場の浅木さんから、グロース・インクの大山さんをご紹介いただいたところから掲載します!

asaki
to 大山さん

大山さんが「友達」かと問われれば、そこは何とも言えないのですが、そんな些細なことは気にせず、張り切って紹介します。

まず、大山さんはとってもいい人です。いつもとても忙しいと思いますが、何かお願いすると速攻でやってくれます。他の仕事は大丈夫かな?とちょっと心配になるけど、ありがたいです。

それと、自分のスタイルを貫きつつ、空気を読む優しさがあります。
前職で一緒にお仕事をした時、会議でこちらのオフィスに来る際はいつものTシャツとダボパンスタイルの上に、頑張ってジャケットを羽織って来るのが社内でひそかに好評でした。「大山さんなりのフォーマルスタイルなのね」と。

あと、大山さんの趣味はVJ(VideoJockey)で、ライブもやったりするそうです。これはご本人から、書いておいてほしいと言われたので書いておきます。
そんな大山さんをどうぞよろしく!(何の宣伝?)

oyama
to 陳さん

スーパー陳さんを紹介します。
台湾出身の陳さんはいまやグロース・インクのエース。
日本では本物の魯肉飯食べられるお店がないと嘆いていたら、なんとお母様お手製の魯肉飯をたくさんもらいました。(お母さんは料理人らしく絶品でした)

仕事の面では、日本語の壁があるにも関わらず飲み込みが早く、コードも僕とは違いバグなく早くて正確。
これからも一緒によいプロダクトを作って行きたいです。

chin
to 小川さん

今回紹介したい人は、入社したばかりのとき僕の隣に座っていた「小川さん」です!!!

初めて会った時は、全然笑顔を見せず冷静な雰囲気だったので、とてもまじめな人だと思っていました。
でも、話してみるとそのゆるっとしたキャラクターやよく笑ってる姿をみると、とっても面白い人だとみんなも気づくはず!
なまりの強い九州の方言がおもしろいと、他社員からも評判です!(本人はなまってない!とのことですが・・)

まじめな一面と面白い一面、両方が楽しい小川さんと皆さんも是非話してみてください!

ogawa
to 奥山さん

普段は飛行機で2~3時間はかかると言われる山梨という異国のオフィスに居ますので、見かけたらいいことあるかもな激レアさんです。僕の入社初日もちょうど入国されていて一緒に呑めました。

ギタリストで、変拍子が好きな変た…いいえ、ナイスガイです。
ライブハウスを経営されていた経験があり、有名なバンドとも知り合いだったりで、とても貴重で面白い話が聞けます。
VJである大山さんとは古くから付き合いがあるみたいです。僕は2人の共演が観てみたい。そう思ってます。凄く強く。

すごく人情に厚い方でして、仕事面だけじゃなく、色々な面で気にかけてくれる優しいパイセンです。

G’s LounGe(当社のコミュニケーションスペース)や甲府オフィスでも語り合いましたね。遅くまで濃密で甘い話をしてくれたりと、とても優しいナイスガイです。僕は娘さんの話が一番心に残ってます。めちゃくちゃ面白いです。

okyama
to T.Tさん

友達紹介と聞いて想い浮かんだのが、GxPのT.Tさんでした!
沢山の苦楽を共にした戦友だと一方的に思ってます。一方的なのでT.Tさん的には「苦」しかないかもしれないですが・・・(笑)

オンオフある人で、やる時はやる。やらない時はやらない。
「やる時」のギラギラ感は仲間として頼もしいのですが、個人的には「やらない時」のグダグダ感も好きです。数々のグダグダな思い出が蘇ります。(知ってる方はご想像できるのでは・・?)

その影響か、ここ数年で体積が3倍くらいになった気がします。昔の写真が別人のようかもしれないので、社員証と見比べる際はさりげなくでお願いします。

最後に、たまに下ネタで暴走する時があり、一応歳上な僕はヒヤヒヤすることがありますが、基本熱血漢溢れる良い人だと思ってます。
あ、でも、これは個人的な主観なので、暴走しだしたら速やかな避難を推奨いたします!



今回は、Graatの浅木さんからスタートして、グロース・インクの皆さんにバトンが回りました。社内の皆さんは、体積がどんどん増えてるT.Tさんと言えば思い当たる方も多いのではないでしょうか(笑)

次回、T.Tさんのお友達紹介をお楽しみに!

14

ABOUTこの記事をかいた人

社内でも謎に包まれているCC室に所属するヨネです。模型をこよなく愛し、社内報の表紙に使う模型はほとんど私が手作りしてます。CCがなんの略か未だに分かりませんが、社内のデザイン業務を色々やってます。