健康診断の結果は大丈夫でしたか?

こんにちは!総務部のあきやまです。

当社は毎年7~9月頃に社員の健康診断を行っています。

現在はほとんどの方に結果が届いており、みなさん安心したり、気持ちを引き締めている時期ではないでしょうか。

私は今30代前半で、幸いにも今まで特に大きな病気をしこともなく、悪い判定が出たこともほとんどありませんでした。今年度の健診結果も「まあ、大丈夫でしょう」と思いながら開くと・・・ひどい数字!これはまずい!!(詳細は恥ずかしいので控えます)

でも、実際思い当たる節がありすぎました・・・

  • 自発的に運動したのなんて、思い出せないほど前。
  • ついつい野菜不足、脂質糖質過多な食事。困った時はたまごかけごはんのみ。
  • 毎日のおやつが欠かせない!

などなど。

「日々忙しいから・・まだ若いから・・まぁ大丈夫でしょ」と、何かしら理由をつけて健康について真剣に考えてこなかったのが正直なところです。反省しました。

簡単なところからですが、今は日々の食事で出来るだけ野菜をとるように気をつけています。

スマート・ライフ・プロジェクトって?

「健康寿命(※)をのばしましょう」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で、楽しく毎日が送れることを目標とした厚生労働省の『スマート・ライフ・プロジェクト』をご存じでしょうか?

スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

https://www.smartlife.mhlw.go.jp/

サイトには、毎日簡単なことを心掛けるだけで健康寿命を延ばすヒントが書かれています。
特に身体活動・運動の不足は、日本人の死亡の3番目のリスクなのだとか(1番は喫煙、2番は高血圧)。

  • 毎日10分の運動をプラス
  • 1日あと70gの野菜をプラス
  • 喫煙でタバコの煙をマイナス
  • 健診、検診で定期的な健康チェック

運動ならエレベーターを階段に変更したり、一つ手前の駅で降りて歩くことなら日々の生活に取り入れやすそうです。

当社はウエルネス経営に取り組んでいるので、少しの時間で出来る運動のポスターも社内に掲示しているのですが、こういった運動を取り入れるのもいいですね!

また、実は野菜の消費が多めの日本人。

今の食事にトマト半分をプラス、野菜多めのメニューを選ぶだけでOK。私はお弁当にサラダをプラスしたり、サラダやお惣菜に野菜が多いテイクアウトを利用しています。

まだ気を付け始めたばかりですが、
来年の健康診断では少しでも良い結果が出るように、将来は元気なおばあちゃんでいられるように気を付けていきたいと思います。

(※)WHOが提唱した新しい指標で、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間。平成22年のデータでは、男性健康寿命70.42歳(平均寿命79.55歳)、女性健康寿命73.62歳(平均寿命86.30歳)。

平均寿命と健康寿命(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_02.pdf

ABOUTこの記事をかいた人

雨女なので、誰かと出かける時は緊張します。