スタディハック!Vol.04

10月に入ったというのに、まだまだ残暑が続きますね。。

本日は、GxPグループのエンジニアを中心に、普段の勉強方法仕事をする上で心掛けていることをインタビューする「スタディ・ハック!」第4弾をお届けします!

今回は、
GxPのビジネスソリューション事業本部の副本部長である森坂さんにインタビューです!

では、どうぞ!

働くスタンスは?(残業しない主義、楽しいとついつい徹夜、ワークライフバランスはきっちり…etc)

森坂

ワークライフ”アン”バランス型の働き方を選択しています!(笑)

専攻が情報系でなかったということもあり、新卒の頃は、同期エンジニアが80名いる中で底辺から這い上がることに精一杯で、土日祝日でもバリバリ公私混同が必要でした。

ですので、現在のポジションだからというわけではなく、新人のときからこの働き方になっています。

普段の勉強法は?

森坂
通勤時間や客先移動時間を利用しています。
ただ、現状はその時間すら仕事で使っています。電車でもPC開いてます、、、

仕事で使う可能性が出てきたタイミングでAmazonで本をポチります。
本によって読み方は変えています。

  1. 熟読…内容が濃い・難しい本、理解し消化が必要な本
    1回目はさらっと読む、2回目はじっくり読む。ポイントにラインを引きながら。
  2. 速読…ななめ読み(目で追うだけで読まない)、重要な箇所だけを読む
    覚えようとしない、必要になったときにどこで見たかだけを思い出せればよい。

新しい技術情報はどうやってキャッチしてますか?

森坂
特別なことはしてません。本とWebとセミナーです。

そのため、お客様と話をしていて知らない技術要素が出てきたら、その場でめっちゃ調べています(笑)。

ある程度の応答性能は必要になるので、検索能力は大切です。

仕事をする上で心掛けてることは?

森坂
自分がボールを持つ時間はなるべく短くする、可能な限り速やかに打ち返すことを心がける。

年に1度は自分の脳みそをガベージコレクション(不要になったメモリ領域を解放)する機会を設ける。

より具体的に言うと海外逃亡します(笑)。

最後に一緒に働きたい人物像を教えてください。

森坂
いろんな人と一緒に働きたいのでとくに無いです。
強いて言うならお客様に気を遣える人ですかね。

「自分がその人の立場だったらこうしてほしいだろうな」と常に先を考えながら行動できる人がいいですね。


森坂さん、ありがとうございました!

10

ABOUTこの記事をかいた人

社内でも謎に包まれているCC室に所属するヨネです。模型をこよなく愛し、社内報の表紙に使う模型はほとんど私が手作りしてます。CCがなんの略か未だに分かりませんが、社内のデザイン業務を色々やってます。